​外壁塗装

外壁塗装

​外壁塗装の役割は外観の美しさを維持するだけではなく、雨風や紫外線といった自然現象から外壁を保護する役割もあります。
お住まいの外壁に色のくすみや黒ずみ、ひび割れと行った症状があれば塗り替えの時期に来ていると考えられますので、できるだけお早めに塗り替えをご検討ください。

 

➡︎セルフチェックはこちら

塗装工事はお住まいを長持ちさせるために欠かすことのできない工事です。
目立つ症状がなくても、10年を目安にして定期的に塗り替えを行うようにしましょう。

​外壁塗料の選び方

外壁を塗装するときに、塗料はどのようなものを使えばいいのか悩みませんか?
​外壁塗装の正しい選び方について、ご紹介していきます。

塗料の種類は、俗にグレード(等級)と呼ばれており、グレードごとに価格や耐用年数がおおよそ決まっています。
値段と性能はほぼ比例しており、性能が高い塗料は価格も高価です。
塗料を決める時は、外壁材と相性をみながら、耐候年数と予算のバランスでグレードを決定しましょう。
​ご予算に応じて、数ある塗料の中から最適な塗料をご提案します。

​塗料の種類とグレード

​○アクリル樹脂塗料【塗料グレード:★☆☆☆☆】(耐久年数:5〜8年)

​色の再現性が高いことから古くから使われています。
​一方で塗料の退色(色あせ)や劣化が早いため、塗り替えのサイクルが早い欠点があります。

​○ウレタン樹脂塗料【塗料グレード:★★☆☆☆】(耐久年数:7〜10年)

価格・耐久性・機能性のバランスが良く、柔らかい塗膜と優れた密着性により様々な場所への塗装に適しています。
​しかし、上位の塗料のコストパフォーマンスが高くなり、最近では使用される機会が減っています。

​○シリコン樹脂塗料【塗料グレード:★★★☆☆】(耐久年数:10〜13年)

汚れにくさとその他の性能が両立しており高い効果を発揮します。
​近年価格が下がってきたことで、さまざまな特殊塗料が開発されています。

​☆おすすめ☆

○ラジカル制御型塗料【塗料グレード:★★★★☆】(耐久年数:10年〜15年)

​2012年に開発された、シリコン塗料と同程度の価格ながら、シリコン塗料よりも高い耐久性を持ち、低汚染に加えて防カビ・防藻性も高く、ラジカル(酸素や紫外線、水などといった塗装面を劣化させるエネルギー)制御する性質を持ち、コストパフォーマンスの良い、塗料になっています。

○フッ素樹脂塗料【塗料グレード:★★★★★】(耐久年数:15〜20年)

高耐久性・低汚染性が非常に高く、塗装面の美観を長く保ちます。

ただ、高価な塗料になり職人の知識と技術も必要になります。

​長期的に見るとコストパフォーマンスの良い塗料です。

○無機塗料【塗料グレード:★★★★★★】(耐久性:18年〜25年)

​塗料のなかで最も耐久性の高く、紫外線に強い塗料になります。価格は非常に高く、こちらも知識と技術を要しますが長期的に見るとコストパフォーマンスの良い塗料です。

​○遮熱系塗料【塗料グレード:★★★★☆】(耐久性:13〜20年) 

​遮熱塗料は太陽光を、反射し赤外線の吸収を抑え熱を伝えにくくし、室内温度を抑えることにより光熱費などの節電ができます。遮熱塗料にはシリコン樹脂やフッ素樹脂などの塗料があり、高い耐久性も見込めます。

​また遮熱塗料とは、別に断熱塗料といった断熱に特化した物もあります。

​》外壁塗装