top of page

外壁塗装の色選びで注意すること

地域密着!一級塗装技能士在中!川西市、伊丹市、宝塚市、猪名川町を中心に塗装工事を承っております、一条建装です。


外壁塗装を検討する中で、皆様が一番悩まれるのが「色選び」です。

完工した後に、「思ってた色と違う」というトラブルは避けたいですよね。


しかし外壁の色は、確認する環境によっては、色味や艶感が違った見え方になり、お客様の満足度を下げてしまう場合があります。


今日は、そうならないためにも、注意していただきたい色選びのポイントをご紹介していきます。

 

面積効果を考慮する

色の面積が大きくなると、薄い色はより薄く、暗い色はより暗く、鮮やかな色はより鮮やかに見える現象を、色の面積効果と言います。


面積次第で色の印象が変わってきますので、小さなカタログを見て塗料の色を選んだ場合、実際に外壁に塗装をしてみると、イメージしていた色と違ってしまう可能性があります。


屋外で確認する

色を確認する際、室内ではなく屋外で確認することをお勧めします。

太陽の下と室内の蛍光灯の下では色味がかなり違って見えます。


さらに、天候や時間帯によっても色味の見え方は変わってきますので、天候や確認する時間を考慮して、屋外で色決めを行うことをお勧めします。


パソコンの画面で判断しない

パソコンやスマートフォンでカラーシミュレーションをすることも多いですが、カラーシミュレーションで見た色は参考程度にされることをお勧めします。


塗料の色と、画面に表示される色は全く同じ色ではないからです。

画面の色や明るさの設定などによっても見え方は異なってくるため、注意が必要です。



色見本板とスケルトンシートで、希望通りのお色選びを!

色の確認は、「できるだけ大きい面積で、屋外で確認する」ことが色のイメージの違いのトラブル防止につながります。


一条建装では、A4サイズの色見本板をお渡ししております。

パンフレットで希望する色を選んでいただき、5色まで無料サービスで色見本板をご注文できます。




また、お客様のお住まいを撮影した画像を、弊社で透明に加工したA4サイズの「スケルトンシート」もお渡ししています。


こちらのシートは外壁や屋根の部分が透明になっていますので、スケルトンシートを色見本板に当てれば、塗り替え後のイメージがつきやすく、希望通りの色選びができます。







今回は、色選びのポイントをご紹介しました。

お客様にとって、色選びはとても大切な工程です。

私どもも、長年の経験をもとに色決めのご相談はしっかりと時間をかけて行いたいと思っておりますので、何度でも納得いくまでご相談ください!





閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page