top of page

外壁塗装にベストな時期は?

更新日:2023年6月28日

川西市・猪名川町・宝塚市を中心に外壁屋根塗装工事を承っております 一級塗装技能士・外壁診断士の資格を持つ職人がいる塗装店・一条建装です。

今日は外壁塗装の最適な季節はいつ?と言う話を書いていこうと思います!



 

1.塗装工事は年中可能!


基本的には、塗装工事は1年中どの季節であっても行うことが可能です。

雨の多い梅雨の時期や、猛暑が続く夏、雪が降る寒い冬など、一見、塗装工事など不可能では?と思える季節であっても、注意点さえしっかりと守っていれば、塗装工事は可能です。 仕上がりの差はありません。

よくインターネットのサイト上に「梅雨時期や冬場は塗装工事はやめた方が良い」とありますが、どの季節にも一長一短がありますので、下記に季節ごとのメリット、デメリットを記載しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。


2.塗装工事に最適な季節は?


外壁塗装工事は、外壁に塗料を塗って乾燥させる工程を2〜4回繰り返します。 「乾燥」がとても重要です。

そのため、外壁塗装に適した季節は、春(4〜5月)か秋(9〜10月)がベストシーズンと言われています。

一番の理由は、空気が乾燥しているため塗料が乾きやすく、気候も穏やかなため、スムーズに施工ができるからです。

しかし、春は長雨、秋は台風といった天候の崩れで工期が伸びてしまう、というデメリットもあります。

それぞれの季節にメリット、デメリットが存在するので、紹介します。


3.季節ごとのメリット・デメリット


春(3月、4月、5月)

メリット ・気温、湿度も安定していて施工がしやすい。

デメリット ・春雨前線の影響で、突発的な天候の崩れで工期が伸びることがある。 ・養生により窓の開け閉めができない。

秋(9月、10月、11月)

メリット ・気候が良く気温や湿度が安定している。

デメリット ・台風による天候の崩れで工期が伸びることがある。 ・人気シーズンのため、混雑してしまうことがある。

冬(12月、1月、2月)

メリット ・雨が少なく、乾燥しているため、施工しやすい時期。 ・窓を閉め切ってても、ストレスがない。

デメリット ・積雪や霜、結露があると工期が長引くことがある。


4.外壁塗装のベストシーズンよりもその季節に合った施工が大切!

このように、どの季節にもデメリット、メリットがあります。

しかし、一条建装が大切にしているのは以下の2点です。

【ポイント】 ☆その季節に合った工期を立てる ☆無理な塗装をしない

外壁塗装を行う上で、確かにベストシーズンというものは存在しますが、工事をする季節に適した施工を行えば、外壁塗装の仕上がりに関しては全く問題はありません。


梅雨時期など、雨が続く季節は余裕を持って工期を組み、丁寧に工事を進めていきます。 早く工事を終わらせたいがために、無理な塗装は絶対に行いませんので、安心してください!


 

*川西市、猪名川町、宝塚市、その他北摂地域にお住まいの皆さま!* 外壁塗装・屋根塗装をご検討中の方はお気軽に一条建装までお問合せください!

一級塗装技能士・外壁診断士・雨漏り鑑定士の資格を持つ職人が伺います! 現地調査&お見積りは無料です!!


#川西市外壁塗装 #川西市リフォーム #川西市塗り替え #川西市屋根塗装 #川西市雨漏り #店舗塗装 #地域密着 #外壁塗装 #塗り替え #屋根塗装 #補修工事 #ペンキ #塗装 #アステックペイント #リフォーム

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page