top of page

外壁を触ると白い粉が手に付く「チョーキング現象」とは

地域密着!川西市、伊丹市、宝塚市、猪名川町等から塗装工事を承っております、一条建装です。


家の外壁に手や服が触れた時に、粉状のものが付いて驚かれたことはありませんか?


これは、いくつかある外壁の劣化症状の一つである「チョーキング現象」と呼ばれるものです。


本日は、このチョーキング現象について詳しくお伝えしていこうと思います。


 

「チョーキング現象」とは?

チョーキングとは、塗装表面が長期間の紫外線や気象条件にさらされることで、塗料の表面が徐々に退化して白い粉状の物質(チョーク)が付着する現象を指します。このチョーキングは、外壁の見た目を損ねるだけでなく、建物の保護機能を低下させる恐れがあります。


この現象は一般的に、劣化した塗装が粉状に変化し、雨や風によって外壁面に広がることで発生します。長い間日光にさらされることで、塗装の光沢が失われ、表面が不均一になります。この劣化症状が放置されると、建物の美観や耐久性に悪影響を及ぼす可能性があるため、早期の対処が重要です。


チョーキング現象の主な症状

チョーキングが進行すると、いくつかの特徴的な症状が現れることがあります。これらの症状を理解し、早期に対処することは、建物の美観と耐久性を保つために重要です。


1. 白い粉の付着

外壁に白い粉状の物質が付着しているのが見られる場合、それは外壁塗装の劣化症状 チョーキングの兆候です。外壁の色が褪色して見え、手で触れた際に白い粉が付着することがあります。


2. 色の褪色

外壁の塗料が劣化すると、色合いが褪色し、鮮やかさを失います。元々の鮮明な色合いが失われ、くすんだ印象になることがあります。


3. 光沢の喪失

外壁の塗料が劣化すると、光沢が失われ、つややかさがなくなります。外壁がくすんで見えることがあります。


チョーキングの予防と対処法

チョーキングを予防し、対処するためには以下の方法が役立ちます。


1. 定期的な洗浄

外壁の定期的な洗浄は、劣化症状の進行を遅らせるのに役立ちます。洗浄には専用の洗浄剤を使用し、軽い圧力で汚れを取り除きます。


2. 塗装の定期的なメンテナンス

外壁の塗装は定期的なメンテナンスが必要です。劣化が進行する前に、塗装の剥がれや劣化部分を補修しましょう。


【よくあるFAQs】


✅外壁塗装の劣化症状 チョーキングはどのように発生するのですか?

外壁塗装の劣化症状 チョーキングは、主に紫外線や気象条件の影響によって発生します。長期間にわたって太陽光や雨風にさらされることで、塗料の表面が退化し、白い粉状の物質が付着する現象です。


✅チョーキングを放置するとどのような影響がありますか?

チョーキングが放置されると、外壁の美観が損なわれるだけでなく、建物の保護機能も低下する恐れがあります。早期の対処が重要です。


✅外壁塗装の劣化症状 チョーキングを予防する方法はありますか?

はい、外壁塗装の劣化症状 チョーキングを予防するためには、定期的な洗浄と塗装のメンテナンスが役立ちます。また、高品質な塗料を使用することも重要です。


まとめ

外壁塗装の劣化症状 チョーキングとは、建物の外観と耐久性に影響を及ぼす可能性のある重要な現象です。適切な予防と対処法を知り、定期的なメンテナンスを行うことで、美しい外観と長寿命の建物を維持できます。

 

*川西市、猪名川町、宝塚市、その他北摂地域にお住まいの皆さま!*

外壁塗装・屋根塗装をご検討中の方はお気軽に一条建装までお問合せください!

一級塗装技能士・外壁診断士・雨漏り鑑定士の資格を持つ職人が伺います!

現地調査&お見積りは無料です!!


#川西市外壁塗装 #川西市リフォーム #川西市塗り替え #川西市屋根塗装 #川西市雨漏り #店舗塗装 #地域密着 #外壁塗装 #塗り替え #屋根塗装 #補修工事 #ペンキ #塗装 #アステックペイント #リフォーム #現地調査 #外壁診断士 #一級塗装技能士 #雨漏り鑑定士 #遮熱塗料

閲覧数:3回0件のコメント

תגובות


bottom of page